初めての「ふるさと納稅」にチャレンジ【學校では教えてくれなかったこと】
學び特集TOPへ

初めての「ふるさと納稅」にチャレンジ【學校では教えてくれなかったこと】

更新日:2021/09/08

「ふるさと納稅」は2008年にスタートした制度で、稅の控除が受けられるだけなく、豪華なお禮の品の登場などにより一躍人気に。でも、通常の納稅との違いや手続きの方法など、よくわからない人も多いのでは? そこで日本最大級のふるさと納稅総合サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク広報の田中絵里香さんに、その魅力と始め方を教えてもらいました。そして、オズモールのライターOが挑戦した様子もレポート。

ふるさと納稅は地域応援の新しいスタイル

ふるさと納稅は地域応援の新しいスタイル

「ふるさと納稅は、通販気分で楽しんでいらっしゃる方も多いですが、正確には応援したい自治體への寄付になります。寄付することで稅の控除が受けられ、寄付金のうち2000円を除いた金額は、翌年の住民稅の控除や所得稅の還付という形で戻ってきます」と、田中さん。

寄付する自治體はどこでもいいのでしょうか。
「どこでもOKです。自分や両親の故郷、好きな旅行先、いつか行ってみたい、好きな人の出身地などでも。また、寄付するときに、そのお金を地域でどのように活用してほしいか、寄付金の使い道を選択することができます。災害支援や自然保護など、使い道が具體的に指定されているものもあります。そうした社會貢獻という視點で寄付先を選ぶ人も増えています」(田中さん)

魅力的なお禮の品がたくさん!內容で寄付先を選んでもいい?

魅力的なお禮の品がたくさん!內容で寄付先を選んでもいい?

ふるさと納稅というとお禮の品がもらえるというイメージがあります。欲しいもので寄付先を選んでいいのでしょうか。

「多くの自治體では寄付の感謝の気持ちから、それぞれにお禮の品を用意しています。そのほとんどが、その地域で育った農産物や、そこに暮らす方が作っているもの。魅力的なお禮の品を選ぶことも、地域の生産者の方々の活性化にダイレクトにつながっています。さらに、お禮の品を通じた地域の生産者さんとのやりとりによって、ますます好きになったり、応援したくなりますよね。過去の事例では、ふるさと納稅で人気の自治體で雇用が増えたり、移住者が増えたりという地域の変化も起きています」(田中さん)

1人ひとりの小さな選択が大きな影響を與えているんですね! でもお禮の品をもらってしまうと、自治體に入るお金が少なくなってしまうのでは?

「寄付金の中からお禮の品に使えるお金は3割以內、と法律で定められています。でも、より地域に貢獻したいと思うのであれば、ここに還元したいと思えるような品を選ぶといいと思います」(田中さん)

今年の収入と家族構成から“控除上限額”を算出する

今年の収入と家族構成から“控除上限額”を算出する

ふるさと納稅の魅力がわかったところで、いよいよ申し込み手続きへ。ステップは以下の3つ。
1.稅控除を受けられる上限額を算出する
2.寄付先を決めて寄付する
3.稅控除の申請をする

「家族構成や寄付する年の収入などから、稅の控除が受けられる上限額を算出します。寄付なので本來上限はありませんが、この稅控除上限額內であれば自己負擔額が実質2000円で特産品をいただいたり、地域の応援をしたりすることができます。ふるさとチョイスのサイトでは、簡単に概算できる“かんたんシミュレーション”、より細かな金額がわかる“控除上限額シミュレーション”の2つを用意しているので、どちらかを使って算出してみましょう」(田中さん)

かんたんシミュレーションで年収400萬円、配偶者控除なしで算出したところ、控除の上限額はおよそ43000円という結果に。

「正確な年収は年末にしかわからないと思いますが、毎年12月は駆け込みで寄付をする方が激増し、発送が遅れたり品切れしたりということも。フルーツや新米など季節の旬を味わえるものは、その時期にしか提供していないものもあります。ですので前年の収入を目安にある程度申し込み、年末に改めて見直して、まだ余裕があれば殘り分を申し込むのがおすすめです」(田中さん)

限度額內でどこに寄付するかを選ぶ

限度額內でどこに寄付するかを選ぶ

次は寄付先選び。ふるさとチョイスにはおよそ9割の自治體が登録し、37萬點(!)もの品がずらり。

「カテゴリーや使い道、ランキングなどで探せるほか、キーワード検索などもできます。例えば伝統工蕓品、地域限定品、希少性などお禮の品、またフードロスやコロナ支援、災害支援など寄付の使い道。さまざまな切り口で探してみると新しい発見があると思います」(田中さん)

生産量が少ないため全國には出回らず、普通の流通では手に入らない、そんな地域密著の農産物にも出會えるそう。今回は初めてなので、お禮の品を受け取る楽しみを何度も味わいたいと思い、控除限度額43000円のうち、1萬円くらいずつ4つの品をセレクトすることに。

ふるさと納稅で実際に選んだお禮の品はこちら

山形県天童市「特選天童牛"和の奏"切り落とし500g」(寄付金10000円以上)
やっぱり1品目はお肉! と肉に絞り、「特選牛 安心 健康な牛肉」のキーワードから探り當てたのがこちら。天童牛は地元の農家から仕入れたお米を使った國産飼料100%で大切に育てられた黒毛和牛で、濃いうまみとあっさりした脂身が特徴とのこと。

巖手県西和賀町「工藤菓子店のレーズンバター 23個」(寄付金10000円以上)
そこでしか手に入らない、おいしいおやつを目當てに探した1品。小さなお菓子屋さんの手作りで、こちらのクッキーは店頭以外ではふるさとチョイス限定で手に入る。レーズンバターは甘さとしょっぱさのバランスが絶妙で、リピータ続出の品なのだそう。

大分県臼杵市「〔臼杵焼〕稜花蕎麥豬口白 2個セット」 (寄付金11000円以上)
初?ふるさと納稅の記念に何か殘るものを、とチョイス。一度は姿を消した幻の器「臼杵焼」を若手陶蕓家たちが復活させたものだそう。溫かみのあるやさしい色合いと風合いに、花びらをイメージして1枚1枚指で形作られた波模様の口縁がかわいい。

島根県浜田市「山陰浜田港 シーライフ今朝の浜缶詰セット 180g×8缶」 (寄付金10000円以上)
最後の一品は、最近意識しはじめたSDGs関連でフードロス削減の品。今朝の浜という名の通り、朝採れたばかりで新鮮だけど干物や鍋物には適さない魚に、地元産の天然塩を加えて仕上げたシンプルな缶詰。何の魚缶が屆くかお楽しみなのもワクワク。

寄付金控除を受けるための申請をする

寄付の申し込みが終わったら、その都度、または年度末にまとめて、寄付金控除を受けるための申請を行います。
「申請方法は2種類あります。ひとつは毎年確定申告する方向けの方法で、確定申告の提出時に、寄付金控除の欄に必要事項を記載して提出します。この申請方法では控除額のうち一部が所得稅から還付、殘りの多くが住民稅から控除されます」(田中さん)

「ふたつめは、會社員の方におすすめのワンストップ特例制度です。この方法で申請するには、確定申告が不要の方、1年間の寄付先が5自治體以下、というふたつの條件があります。利用する場合は、寄付の申し込みフォームで“ワンストップ特例制度を利用する”にチェックを入れてください。後日、自治體から寄付金受領証明書などとともに申請書が送られてくるので、必要事項を記入し、身分証明書のコピーと一緒に自治體に返送して終わりです。こちらの申請方法では、控除額の全額が住民稅から控除されます」(田中さん)

ただし、うっかり5自治體を超えてしまうと確定申告での申請が必要になるので注意。ちなみに寄付先が5自治體以內であれば、品はいくつでもOK。

話題を集めているのはサステナブルな使い道

ふるさと納稅を初體験して感じたのは、これまでなんの疑いもなく住む場所に収めていた稅金の一部を、自分の意思で、応援したい自治體へ屆けることができる素敵な制度だなということ。お禮の品もただおいしい、かわいいというだけでなく、その地域の豊かさをおすそ分けしてもらっているようで、心にじんわり染みました。

最近はお禮の品から選ぶのではなく、災害支援やコロナ被害事業者支援といった“使い道の共感”から寄付先を選ぶ人も増えているそう。記憶に新しい2021年7月に起きた熱海の土石流災害では1週間未満で約1億円もの寄付が集まったとのこと。納稅も自分の意思を反映させたところやものへ、そんな意識が少しずつ根付いているのかも。
実質2000円の負擔でできるふるさと納稅を通じて、1人ひとりができることはたくさん。まだ始めていない人は今年こそ挑戦してみては。

【特集】學校では教えてくれなかったこと

學校では教えてくれなかったこと

學校でも社會に出ても誰も教えてくれない、お金のことや體と心のこと、SDGsのこと???。大人として知っておきたいことをオズモールでピックアップ。編集部または読者がチャレンジする様子を、レクチャーを交えて丁寧にわかりやすく紹介します。

【マネー特集】働く女性のお金のハナシ

【マネー特集】働く女性のお金のハナシ

先行き不透明な時代、多様化するライフスタイル。お金に関して、漠然とした不安は感じるけれど、分からないことだらけ。みんなどうしてるの? 気になるけれど、聞きづらい。情報も多すぎて、どれが私に合っている話なのか、見分けもつかない。そこでOZmallが女性たちに、これから先も“私らしく”過ごしていくために必要なお金の新常識を提案します。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/EMIKO OKAZAKI

※記事は2021年9月8日(水)時點の情報です。內容については、予告なく変更になる可能性があります