手軽に作れておいしいヴィーガンレシピを大特集【サステナブルチャレンジ】
手軽に作れておいしいヴィーガンレシピを大特集【サステナブルチャレンジ】

11月1日は世界ヴィーガンデー!手軽に作れておいしいヴィーガンレシピを大特集

更新日:2021/10/22

オズモールとはじめる、SDGsアクション。小さな“サステナブルチャレンジ”から挑戦してみませんか? 毎年11月1日は「世界ヴィーガンデー」だって知っていた? 身體にやさしいだけでなく、地球環境にも貢獻できるヴィーガン。今回は、植物性の材料のみを使用した簡単&おいしいレシピを大特集。食卓を彩る前菜や、野菜やフルーツを使用したボリューム満點のおやつまで。ぜひ參考にして、いつもの食卓に一品ずつ取り入れてみて。

サステナブルチャレンジとは?

食卓を彩る、簡単&おいしいヴィーガン料理レシピ

食卓を彩る、簡単&おいしいヴィーガン料理レシピ

【ビーツのフムス】栄養もたっぷり!食卓を彩る華やかな一品

始めにご紹介するのは、ポジティブなライフスタイルと食生活を発信している、@yumibasedさんのフムス。フムスというと、ひよこ豆をメインに使うイメージだけれど、こちらは色鮮やかなビーツを使用した一品。ミネラルやビタミン、食物繊維も豊富でスーパーフードともいわれるビーツは、積極的に摂取したいところ。調理が難しくハードルが高いと感じている人も、このレシピなら気軽にチャレンジできそう。カリカリに焼いたバゲットやクラッカーでディップして召し上がれ。

■@yumibasedさんのコメント
「ビーツをローストして作ったフムス。私はノーマルなフムスよりこっちが大好き。
サラダにトッピングしたり、トーストに塗ったり萬能に活用できるよ、この分量で多ければ半分にするか余った分は冷凍してもOK。」?

材料&レシピ

<材料>
?ビーツ 小さめ1つ
?ひよこ豆  200g(煮汁or缶の汁少し取っておく)
?タヒニ 20g
?にんにく 1かけら
?塩 2つまみくらい
?レモン果汁 小さじ1
?オリーブオイル 大さじ2
?ブラックペッパー お好みで
 
<レシピ>
1.アルミホイルで包んだビーツをオーブンで4、50分ロースト。しっかり中まで火が通ったら皮を剝いてミキサーへ。
2.1にほかの材料もすべてて入れてなめらかになるまで混ぜる。
時々味を確認して、ひよこ豆の煮汁、レモン果汁やオイルを調整してお好みの味に。テクスチャーを整えたら完成。

シンプルでおいしいヴィーガンおやつレシピ

シンプルでおいしいヴィーガンおやつレシピ

【キャロットケーキのエナジーボール】オーブン不要&混ぜて丸めるだけ!一口サイズの愛らしいおやつ

続いてご紹介するのは、ヴィーガン&プラントベースレシピを発信している@misosoupkitchenさんのキャロットケーキ。コロンとした一口サイズのフォルムがかわいらしい。人參とココナッツの自然な甘さが引き立ち、ほっとさせてくれる味わい。手軽に食べられるので、ピクニックのデザートや子供のおやつにもおすすめ。

■@misosoupkitchenさんのコメント
「火やオーブンを使わずに、フードプロセッサーで混ぜて丸めるだけでできちゃうおやつ。オートミールとナッツで腹持ちもよくヘルシー。」

材料&レシピ 

<材料>
にんじん 170g (大1本)
デーツ 15個(100g)
くるみ 60g
オーツ 40g
ココナッツシュレッド 大さじ2+大さじ3(コーティング用)
シナモン 小さじ1
ナツメグ 小さじ1/2
塩 ひとつまみ

<レシピ>
1.全ての材料をフードプロセッサーにかける。(強いフードプロセッサーがない場合は、先ににんじんだけすりおろすのもコツ)
2.混ざったら、一口大を手で丸め、ココナッツシュレッドをまぶす。
3.冷蔵庫で保存する。

小腹を満たす、簡単でおいしい朝食&おやつレシピ

小腹を満たす、簡単でおいしい朝食&おやつレシピ

【ベイクドオーツ】ブレンダー不要!オートミールで作る、栄養満點のオリジナルレシピ

最後にご紹介するのは、身體?環境に優しいお料理を心掛けているという、@sairi_tableさんのオートミールとキウイやバナナなどのフルーツを使用した、見た目も豪華なベイクドオーツ。
ボリューム満點で腹持ちがよいので、小腹がすいたときのおやつだけでなく、朝食にもよさそう。フルーツはお好みのものにアレンジしてもOK!

■@sairi_tableさんのコメント
「私のオリジナルの基本のベイクドオーツレシピです。ベイクドオーツはミキサーやブレンダーを使うのが定番ですが、私の周りにはブレンダーを持っていない友人が多いのもあり、わざわざ粉にするのも少し面倒。なので、オートミールは粉にぜず、ブレンダーを持っていない方にも作りやすい方法です。ポリッジのようにトロッとした食感に。
?プラントベースでできる私なりの #サステナブルチャレンジ。今よりもっと清らかな地球が広がるように、ぜひ、時々でもいいから皆さんにもチャレンジしてほしいと想いを込めて。」

材料&レシピ 

<材料>
【基本のベイクドオーツ】
?オートミール 50g
?植物性ミルク 60g
?ピーナッツバターorココナッツオイル 大さじ1くらい
?バナナ 1/2本
?メープルシロップorアガベシロップ 大さじ1
?塩 少々
?重曹 小さじ1/4 (重曹苦手な方は、ベーキングパウダー小さじ1/2)

【トッピング】
?バナナ? 適量
?キウイ? 適量
?豆乳クリームチーズ 適量
?ピーカンナッツ? 適量

<レシピ>
1.オートミールをボウルに入れスプーンで軽く砕き、植物性ミルク、ピーナッツバター(ココナッツオイルでもOK)、シロップ、塩を入れて一晩おく。
2.昨晩の1に重曹とバナナを潰しながら混ぜる。
3.ミニの耐熱容器に入れ180度で20分位焼く。途中表面が焦げそうならアルミをかぶせる。
※ポイント:耐熱容器は、底9cm位、高さ6cm位の物を使用。ご家庭にある器で、高さにより焼き時間が前後しますが、基本火を通さないでも食べられる食材なので、様子を見ながらお好みの食感に焼いてみてください。
4.焼きあがったベイクドオーツに、お好みのフルーツやナッツをトッピングして完成。

こちらもチェック!ヴィーガン[ビーガン]とは?ベジタリアンとの違いや身體にも地球にもやさしい魅力を解説

いま世界中のセレブやアスリートが実踐しているという注目のライフスタイル、ヴィーガン[ビーガン]。難しそうなイメージだけど、実は日本人なら自然と取り入れていることも。身體にやさしいだけでなく、地球環境にも貢獻できるヴィーガンについて、基本の考え方からベジタリアンとの違い、楽しくおいしく続けるコツまでご紹介!

こちらもチェック!自分にも地球にもやさしい、 #サステナブルチャレンジ のアイデア集

こちらもチェック!自分にも地球にもやさしい、 #サステナブルチャレンジ のアイデア集

SDGsと言われても「それって何なの?何から始めればよいの?」と、難しく考えてしまう人も多いはず。でも実は、毎日の暮らしのなかにヒントがたくさんあるんです。食材をムダなく活用するのも、エコバックを持ち歩くのも、サステナブルなSDGsアクションのひとつ。そこでオズモールでは、楽しみながら始められる「#サステナブルチャレンジ」をガイドしていきます。ぜひ參考にして、できることから始めてみて。

WRITTING/MANAMI TANAKA(OZmall)

※記事は2021年10月22日(金)時點の情報です。內容については、予告なく変更になる可能性があります